底辺のおっさんブログ

こじらせた底辺にいるおっさんの闇吐露パーリー

サクラサク

【スポンサーリンク】

今日は気分が良く、珍しく朝から買い物に行く気になった

 

買い物といってもスーパーに食材の買い出しなんだけど・・・

 

天気が良くて、少し肌寒いものの春を感じさせる空気だった

 

帰り道、

桜の花がキレイだった。

向かい風が吹いて、花びらが散る様子に心の奥の何かが軋んだ

 

それがどんな気持ちだったのかはうまく説明できない

 

懐かしいようでもあり、

切ないようでもあり、

どこか不安な気持ちになるようでもあり、

散る桜の美しさに見とれていただけでもあった

 

昔どこかで綺麗な桜の木の下には死体が埋まっている、

なんて話を聞いたことがる

その真意は定かではないし、今のところその真相を探る気分でもないので

なんとなく思い出に浸ることにする

 

それでふっと思った

おっさんも死ぬときは

綺麗な桜の木の下で逝けたらいいな

なんて。

 

春はこれまでの終止符と

これからのはじまりっていう感じがする

 

新しいおっさんになる

 

このふわふわした気持ちのまま

今日はゆっくり眠ろう