底辺のおっさんブログ

こじらせた底辺にいるおっさんの闇吐露パーリー

冷たい涙の訳は・・・

昨日あれほど憤りを感じていたのに、

一転して今日は悲しみのモードになってた

ふとしたことで突然に涙が溢れてきた

 

表面張力に負けたコップの水が

ある一点を超えて零れだすように

少しざわついたかな?と思った時にはもう泣いている状況

 

原因はわかってる

淋しいからだ

 

今日のおっさんを支配するのは完全体の悲しみ

ふっきれていたと思っていたんだけど

全然心の奥の方でしこりを残している

 

人生で一番愛した女と別れたこと、

ひとりぼっちの自分

絶望の世界

 

今すぐ自分を愛してくれる人に強く抱きしめられたい思い

満たされぬ思い

 

過去のいわゆる「やっちまった」出来事を思い出しては

心が締め付けられるように痛み

涙が出てくる

どうしようもなくて、考えてもしょうがないことなのは

よくよく理解してるつもりで

それに、もう何年も前のことだからと

無理やり箪笥の引き出しの奥底へとしまい込んでた思い

 

幸せだったことなんて

これっぽっちも思い出せないくせに

自分の笑顔も、周りの笑顔も思い出せないくせに

ツライ出来事だけは鮮明に思い出してしまう

 

あの時 ああすればもっと

今より幸福だったのか

あの時 ああ言えばもっと

今より幸福だったのか

 

ブルーハーツの「ラインを超えて」の歌詞がいつもよぎる

うじうじ考えては

当時の出来事をやりなおして

幸福な今を妄想する

妄想の途中で空しくなってくるけど

妄想を途中でやめてしまうと

現実に負けてしまうから

強引に妄想を続ける

 

どうしてあの時、あんな結末にしてしまったのか

どうしてあの時、あんな風にしか言えなかったのか

 

悔やんでもくやみきれない思いがたくさん溢れてきて

仕事中にも関わらず

何も手がつかなくなってしまう

 

淋しい・・・

ただただ淋しい・・・

 

なんとか隠さなくては・・・

この思いはおっさんを殺す

 

この起伏の激しさで

今まで何度も失敗してきた

たくさんの人に迷惑もかけてきた

友人知人を振り回し

振り回している間にその数はどんどん減っていった

 

こうして究極的に淋しくなると

おっさんは逆に周りを拒絶してしまう

逆にもくそも、普段から拒否状態なんだけど

今ある関係さえも自ら全てリセットしてしまうんだ

 

根底にあるのは

ただ、自分を見てほしい・かまってほしいっていう思いだった

絶望し、傷ついたおっさんに優しくしてほしくて

あえて全てを拒絶し、リセットしてきたんだろうと思う

まるっきり子供だ・・・

改めて感じる

わかっていながら治せないこの病

大人になれないおっさん

 

こうやって自己分析してるくせに

今また何度目かのLINEのアカウント削除をしてる

ここ最近ハマってたスマホゲームも急にその色をなくして

つまらないものと感じてしまう

ゲームの中にはそこそこ仲良しもいたけど

そのグループからも逃げ出してきた

 

淋しいくせに

自分から孤立する道を選んでしまうこじれたおっさん

飛び出し

走り出して

振り向いたところには誰もいない

その現実(こと)がさらに淋しさを加速させる

 

・・・戻さなくてはいけない

・・・隠さなくてはいけない

この思いはおっさんを殺す

 

プライバシーポリシー