底辺のおっさんブログ

こじらせた底辺にいるおっさんの闇吐露パーリー

【スポンサーリンク】

理解されない想い、生活保護の話題に今日もピエロを演じている

出会ってはいけない人種に出会ってしまっていたんだ

 

新年前後だからか、年度末も近いからか

それともただどこかからの受け売りか

その辺はわからないけど

生活保護受給者に対する批判の話題が飛び出してきた

 

その制度自体がいいか悪いかはこの際脇に置いておくけど

おっさんが苦手なのは、生活保護受給者をひとくくりにして非難すること

胸が苦しくなってくる

 

たしか、ホリエモン生活保護受給者が大学進学のための奨学金の援助についてあれこれ言ってたのがグーグルのニュース一覧にピックアップされていたけど、その影響かな

それともリアルカイジのバラエティの影響かな

 

おっさんに話題を振ってきたその人はただ単純に

生活保護=怠け者

の公式が頭の中で揺るがないようだ

 

悲しいことに

生活保護をもらい、それで生活ができちゃうもんだから

甘んじて働く気を失ってしまって

「現状維持」を望んでしまう人間も多くいるのは知っている

「働いたら負け」みたいなニート的思考で

働きたくないから生活保護を貰うような人もいるんだろう

それに対してはおっさんも一緒に憤慨しよう

 

そんな人にも税金を使ってしまう政府に対して

おっさんも憤りを感じることもある

そんな人間がいるからこそ

本当に必要な人に渡らないんだと声を荒げたくもなる

 

ただ、全員が全員そうではないのをおっさんは知っている

 

何が問題なのかっていうところだけど

この生活保護的な話題と大体セットになるのが

ニートとうつや引きこもりであるように思う

この辺をひとくくりにしてしまうから話がややこしくなるんだ

 

心の部分はきちんとした形として見えない分

ウソとホントが見分けにくい

どんな経緯で生活保護をそれぞれが受けているかなんておっさんにはわからないけど

案外とその辺にいる人とは自然と知り合いになってしまったりすることが多い

 

おっさんの周りにいる生活保護を「病気のため」働けないとして受給し

ギャンブルや先のネットワークビジネスなどに身を投じている人も少なくない

逆に、おっさんの闇なんて可愛く見えるくらい

真っ黒になってしまっている人も何人かいたりする

まっくろになった結果、おっさんの知り合いで2人

自らの人生に終止符を打ち、旅だった人がいる

 

結局、理解されないのだ

人は他人を理解できないのだ

特に、自分の未知の領域で

無意識のうちに下位の人種と認めてしまった者への理解の配慮なんて欠片もない

 

数値で測ることが難しい心の状況

隙間を見つけたぞとばかりに働かない人生を謳歌する奴も

本当に苦しんでいる人も

全部がひとくくりにされる

 

専門家ではない一般人たちは

「正当に」受給している人にはほとんど目を向けない

メディアもそうだ

「不当に」受給している人にばっかりフォーカスするから

だから余計に誤解される

 

誤解した人たちが向ける目はひどく冷たい

その目がどれほど強く心を締め付けるか想像もきっとできない

 

なんだかわからないけど

色々腹が立つ

 

端的に自分の世界だけで善悪を評価して

さも自分が彼らより上等で偉いかのように汚い言葉を吐く連中にも

きちんとした線引きも作らないから本当に苦しんでる人に保護が回らなかったり

誤解を生むことでさらに追い込まれる状況を作っている社会にも

生活保護をただの逃げ道、抜け道としか考えない悩み無きクソニートにも

そんな奴らに対して反論もできずに

ただ愛想笑いで相槌を打つしかできない自分にも

逆に自信満々に俺も底辺だ!文句あるか!って言えない自分にも

なんだか

いろんなことに憤りを感じていながら

そんな思いを自動的にひっぱりこんで

ピエロになっている自分がいるんだ

 

苦しいときに苦しいって言えて

それがきちんと理解され

保護されるような世界であればよかったのにって

そう思う

 

心が苦しくてどうしようもないことに罪はないはずなんだ・・・

 

今、必死でもがいて苦しんで

何をどうしていいかもわからない人

 

おっさんも同じだ

状況や心境や闇レベルはそれぞれ違ったとしても

それでも、おっさんも同じなんだ