底辺のおっさんブログ

こじらせた底辺にいるおっさんの闇吐露パーリー

銀行カードローンの限度額を引き上げる試みをしてみる

これは1週間くらい前のことだろうか、

色々と思うところがあり、

思い切って銀行に出かけていった

 

日中に人の多いところに出かけていくのは苦手で

実はかれこれ2ヶ月くらい悩んだ末の行動だ

 

銀行のカードローンの借入れ限度額を上げて欲しい

その相談に行ったのだ

 

生活苦ももちろんそうなんだけど

何よりネットワークビジネスとやらの

残り40万を超えるローンをなんとかしたかった思いが強い

少し遅れたら様々な携帯番号を使っての

着信とショートメールの攻撃をされ

毎日毎日払うまでやられ続ける

そもそもそこにお金を払ってること自体

もう嫌で嫌でしょうがないけど

自分で撒いた種

騙されたおっさんが悪いわけで

どうしようもないんだけど

そのローンを銀行のカードローンにまとめることができないか、

と考えたわけであります

 

まとめることが出来れば

払うお金はもちろん変わらないけど

精神的に楽になる

 

もう一つの理由としては

カードローンの約定返済したものは

金利を抜いてまた借りれる枠が出来るってこと

どこかでケリをつけない限りは

エンドレスループなのは理解してるけど

それでも今の状況を見たときに

金利を抜いてまた返した分の多くを

借入れ(リターン)できることで

実質的に毎月使えるお金が今より増えるってこと

 

なので、詐欺られた?分の残りのローンの分

銀行カードローンの限度額を上げてもらえれば

当面は楽になる

 

 

銀行に行くと

整理券?の発券機のところにいた案内の人が

「今日はどうしましたか?」と優しく声をかけてくれる

おっさんは少しどもりながら

カードローンのことについて相談がある旨を伝えた

 

整理券を貰い

少し待っていると呼ばれたのでカウンターへと向かう

最近の銀行ってこんなにサポート手厚いのか?って思ったんだけど、

先ほどの発券機の案内の人がススッと来て

「カードローンについてのご相談です」

「当行のカードもお持ちです」

と引継ぎをしてくれた

 

そしてフワフワの上等な椅子に腰掛ける

おっさんよりも随分と若い綺麗な女性の方が対応してくれた

 

こんな小汚いおっさんの

ド底辺の現状を晒すことに一瞬、躊躇した

仕事なので大してなんの感情も沸かないだろうけど

いい歳こいてゴミクズみたいだな・・・なんて思われまいか

ド底辺がバレてしまう・・・

って、被害妄想が先に来て怖くて何も言えなくなってしまう

 

うながされて他のローンをまとめたいので

現行のカードローンの限度額を上げて欲しい旨伝える

当然ながら現在の限度額は上限まで来ている・・・

キャッシュカードを渡し、

確認のため奥へと消えていく綺麗な女性

 

フワフワの椅子がだんだんと居心地が悪くなってきて

待っている時間が永遠にも感じてしまって

当ても無くキョロキョロしてしまう

銀行の使用履歴や借入れ状況は一目瞭然なのだろう

それを見られていると思うと

素っ裸で往来の多い交差点に放り出された気分になる

 

仕事とはいえ、

そんな醜態を目撃した自分より年下の女性は何を思うだろうか

椅子に座って5分もたたないうちにギブアップ寸前だった

 

結論から言うと、

窓口では限度額の引き上げに関する云々はできないそうだ

ネットか郵送で申請を出して

審査が通れば

再度窓口に来店するといった流れのようだ

 

その後のことはあまり記憶にないのだけど

郵送用の書類と、ネットで申し込みのできるパンフレットと

その他諸々のリーフレットを貰って銀行を出た

 

外の空気を吸って

いったんの開放感を味わう

 

こんなことならはじめからちゃんと調べて

ネットで申し込みをしてからにすればよかった

 

帰ってから疲労感MAXで

すぐ申し込みしようって思ってたけど

そのまま倒れこみ寝てしまった

 

その後おっさんのいつもの闇モードのために

しばらく申し込み用紙もその辺に埋もれたままになってた

調子が上がってきた昨日だったか一昨日だったかに

ようやくネットでの申請を行った

 

結果が出るのはおそらく来週だろう

 

今まで色々焦げ付いてたり

最近も貧困まっしぐらで例のローンの支払いも遅れてたりしたから

正直増額できるか微妙なラインだと自分では思っている

 

もし、増額が叶えば・・・と願うばかりである

 

 

ランキングに参加しています、気が向いたらポチっと応援お願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

プライバシーポリシー