底辺のおっさんブログ

こじらせた底辺にいるおっさんの闇吐露パーリー

【スポンサーリンク】

死んだ後のことを考える、近年増える孤独死とおっさん

ここ数日安定していない

 

家から出れず仕事に行けなかった日もあった

昼夜が逆転してるからか

寝て起きてみたときに

今が何月の何日で何時なのかがわからない

仕事に行く日なのかそうじゃない日なのかもすぐにはわからない

 

今日がまた仕事なら・・・って考えてまた体が動かなくなって

いつの間にかまた寝てる

 

起きたときに

「まだ地獄だったか・・・」って思った

 

すぐ頭に浮かぶことは金と人のこと

一人ぼっちはやっぱり寂しくて

特に寒くて布団に丸まってると人肌恋しくなるんだ

金は安定して足りてない

今月の給料日までどうやって生きようか

来月の給料日までどうやって生きようか考えると辛くなって

考えるのやめていっそ逃げようって思う

その後の流れはいつも通り

逃げても結局見つけられて追い回されて

仕事も辞めちまって

借金取りに怯えて家追い出されて

寒空の下ダンボール生活が待っている・・・

 

怖くて怖くて

変な汗かき始めたらもう思考から逃れようとしても

どうしてもそっちに流れてしまう

 

 

近年孤独死が増えているようだ

なんかこの10年で実に3倍に増えたみたい

その中でも中年のおっさんの孤独死の数は急増してるんだって

 

ごみ屋敷の中でひっそりと一人で逝ってしまって

なんかのきっかけで隣人からの通報で発見される

なにが悲しいって

なにが怖いってさ

そういう現場のお掃除をする特殊な業者さんがいるんだって

その人達は、その現場に来た遺族が悲しんでいたりびっくりしていたりする姿を1度も見たこともないってこと

 

働けなくなって

いよいよ借金返せなくなって

いつかおっさんも孤独死するんじゃないかっていう恐怖

 

死んだらどうなるんだろ

 

ごめん、今日はもう無理みたいだ

また明日

 

 

ランキングに参加しています、気が向いたらポチっと応援お願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村