底辺のおっさんブログ

こじらせた底辺にいるおっさんの闇吐露パーリー

【スポンサーリンク】

他人や世間に迷惑をかけたくないから、だから遠ざかるんだ

いつだって人の顔色を伺ってきた

 

敏感すぎるくらい敏感

どうでもいいことにいちいち引っかかる

 

両親が離婚し、兄弟が死んでから

ウチの親は変わった

 

いつだって電気もつけない部屋でパソコンに向かって掲示板チャットをするようになった

おっさんを見なくなった

話しかけてこなくなった

おっさんが何をしてても感心を持たなくなった

 

その頃おっさんはまだ小3くらいだ

 

そして何かに付けてすぐ泣いていた

子供用の服を抱いて泣いていた

枕元にはいつだって位牌が置いてあったし

写真も飾られてた

その写真におっさんは写っていない

いわゆるピンの写真

 

はじめは親の顔色を伺いながら生活をしていた

あまり刺激しないように

当たり障りのないように・・・って

 

中学に入ってからはプチいじめが始まったから

今度は学友や先生の顔色を伺ってた

なるべく目立たないように

これ以上嫌われないように・・・

 

そんなこと15年以上続けてたら

顔色伺いのプロフェッショナルになってた

職人っていうのはボケても

手や体がその技術を覚えているものらしい

顔色伺いのプロフェッショナルになったおっさんは

もう完全に無意識のうちにその作業を常に行ってる

 

敏感に、そして過剰に反応してしまう

嫌われたりするのが怖いから

 

仕事でもプライベートでも

何かしらのことが起きて、おっさんがその原因で

他人や周りに迷惑をかけたくないってずっと思ってる

 

おっさんの方程式は

迷惑・めんどくさい奴=嫌い・近寄るなハゲ

みたいなことになってる

 

日々気持ちの波が大きく異なるおっさんは

昨日は苦手な作り笑いだとしても愛想よく挨拶してたのに

今日は返事も返したくない、むしろ話しかけるなボケコラって思ったりしてしまう

それを理解しててもコントロールできないのと

陰と陽を繰り返す理由さえわかってない

特に何があったわけでもないのに

イライラしたりムカムカしたり、全てに当たり散らしたくなる時があるんだ

 

そんな不安定な心で闇モードの時に

決定的なスイッチを踏んでしまったことも少なくない

 

それも怖くて

ただ、嫌われたくなくて

 

だから距離を置くんだ、おっさん

だからホントは引き篭もりたくてしょうがないんだ

 

生活保護とか失業手当とか考えたこともあるけど

こんなおっさんがそんなん貰うとかダメだろ

そもそもそれを申請なり、申請するための通院なりを考えた時に

もの凄いハードルが高く思えてならない

 

それに生活保護で貰えるお金だけじゃ借金を返せない・・・

 

病院でさえ

カウンセラーの人にでさえ

人の顔色伺って

結局本音は言えないままで

作り話と作り笑いでごまかして

それがしんどくて、そこからも逃げたんだから

今更・・・って思うしね

 

いつしかおっさん

人と話す時に

作り物のおっさんを演じてないと会話ができなくなってたんだ

 

 

嘘つき

 

 

・・・そう

おっさんはヤマザキパンの窃盗犯になったばかりか

ただの嘘つきなのだ

 

他人や世間に迷惑をかけたくない

他人や世間に嫌われたくない

本当はみんなと一緒にいたい

楽しく生きたい

ウソじゃない本当の自分を思いっきり出したい

 

だから、自分から距離を置くんだ・・・

 

 

ランキングに参加しています、気が向いたらポチっと応援お願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村