底辺のおっさんブログ

こじらせた底辺にいるおっさんの闇吐露パーリー

【スポンサーリンク】

夜勤のコールセンターで孤独と戦う

新しく始めた仕事は夜勤のコールセンター

受電業務をおっさんはやっている

 

夜勤だったらあんまり人も多くないのと

電話なら直接客に会ったりしなくてよいのと

やっぱり夜勤だったらヒマかなって

そんなどうしようもない、自分の限界を破ろうともしない理由で選んだ仕事

 

思惑どおり働いている人数はかなり少ないからギリギリ平穏を保てる

 

でも、逆に人数が少ない分

関係は深くなるようで、まわりの奴らはいつだってキャッキャウフフしている

その中で一人生理的に受け付けない巨漢のBBAがいる

 

余裕でおっさんの3倍はあろうかという体でおっさんの一回りくらい年上のBBAは

年甲斐もなくいつだって男の話をしている

いったいその自信はどこから沸いてくるのだろうか・・・

 

そして思いの外ジャンジャンジャンジャン電話が鳴りやがる

 

電話を取っていれば

周りとコミュニケーションをとらないで済むけど

誰かと会話しているだけで

心のナニカを消費し続ける

 

やばい・・・

まだ何ヶ月もたたないのに

もう辞めることばっかり考えてる

 

ネットワークなんたらのビジネスに騙されたローンと

銀行のカードローンと

クレジットカードのリボ払いの精算が山のようにあるのに

独り身だから自分でなんとか金稼がないといけないのに

家から出たくない

仕事行きたくない

同僚と話をしたくない

電話に出たくない

お腹いたい・・・

頭いたい・・・

 

そんな病気が発芽してきている

 

結局この性格っていうか

こじれている心のどっかは

治るんだろうか?

 

おっさんはカウンセリングとかその辺はもう行ってない

行ったあとはそれなりに気持ちが上がったりするんだけど

行くまでが億劫というか

イヤだなって感じる

一人だから自由に決められるから

 

だから、行かない

 

それでも、なんとかしたいなって部分は残ってるから

しばらくは仕事の孤独と、このジレンマとも戦わなくてはいけないんだろうな