底辺のおっさんブログ

こじらせた底辺にいるおっさんの闇吐露パーリー

視線が気になるおっさん

極度に他人の評価を気にする

 

それこそ毎分毎秒・・・

 

おっさんのようなこじれた病気持ちじゃなくても、

その時その時で感情は変化するものだ

相手がイライラしてるのかな?って感じたら「俺が何かマズイことしたかな」って

そんな風に思ってしまう

 

他の人とニコニコ話していて

おっさんに業務連絡してくるときはドノーマルだったら

ギャップで嫌われてるのかなって思ってしまう

 

おっさんが仕事覚えが早くて手のかからない奴なのは

ミスしたり仕事が遅いと目を付けられはしないかと怯えているから

出来るだけ目立たないように、ヘマしないように気をつけていないといけない

 

それでもミスをしてしまって注意を受けると

閻魔大王の説教を受けているかのごとく恐縮して泣きそうになってくる

 

小さなミスだろうが

ミスしたって思った瞬間から冷や汗が吹き出てくるんだ

やばいやばいやばい・・・って

 

そんな時相手がどんな表情をしているのか見れたためしはない

 

というより、人の目を見て話すことができない

人の視線や見られ方を極度に意識してしまうくせに

自分は相手のことを見ない

 

目を見て話さないから内容もちぐはぐになる

ガッツリこっちを見て話してくる人は苦手だ

それなのにこっちを見もしないで話してくるのもなんだか悲しいんだ

 

本当にこじれまくってる

ヤマアラシのジレンマだ

 

誰もお前のことなんか見ていない

気にしているのは自分だけだ

 

よく聞く言葉だけど

そんなこと理解できてたら苦しまないっていうこと

きっとわからないんだろうな

 

こじれた友人や家族を持つ人に言いたい

彼らや彼女らも決してバカじゃないし、

恐らくは他の誰より世間に向けてるアンテナが敏感なはずだから

言わんとしている「正論」なんてとっくにわかってるんだ

 

わかった上で出来ないから、周りから理解されない冷たい苦しみを持っているんだ

 

当人たちも努力はしているはずだって信じたい

克服したいって少なからず思っているんだってところから理解してほしい

 

おっさんのように他人との距離感がうまく掴めなくて

視線や干渉されることを苦痛に感じることもあるから

ぶっちゃけ扱いにくいめんどくさい奴なんだけど

その辺どうかよろしく

 

 

 

ランキングに参加しています、気が向いたらポチっと応援お願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

プライバシーポリシー